ふくらはぎの太さが気になる人のためのブログです♡

ビキャクイーンの気になる口コミ!ホントに効果があるのか検証

\ビキャクイーンの詳細はコチラ♡/


ビキャクイーン

ビキャクイーンは夜履いても効果あるの?

投稿日:

ビキャクイーンを履くと、むくみがとれて脚が細く見えるようになったという人が増えています!

仕事用や夜用、外出用、一般用、くつろぎタイムにも履ける着圧ソックスが販売されていますが、そんなにたくさんの種類を買うことはできませんよね(´・ω・`)

そこでビキャクイーンは夜や外出用にも使えるのか検証していきます。

 

ビキャクイーンを夜用にしてもいい?

ビキャクイーンはメイクする時の間やデスクワークの仕事の時、ジムで運動をしている時、自宅でくつろいでいる時などに履く着圧ソックスです。

24時間いつでも履いていいものなんですが、基本的に起きている時に履くものです。つまり昼用なのです。

寝る時に昼用の着圧ソックスを履くと危険ですよ。

実際にビキャクイーンを履いて効果があって脚が細く見えるようになると、

「長い時間履けばもっと細くなるかも」
「夜寝る時も履いたら早く細くなるかも」

といった長時間履くとか、夜にも履きたいという気持ちが出てしまうはず。

でもビキャクイーンはむくみをとって脚を細く見せられるように、着圧が強めに設計されています。
だから比較的早く美脚効果が得られるのです。

実際に履いて見ると、やっぱり普通の靴下よりキツイと感じますし、慣れないうちはビキャクイーンを脱いだ後の解放感があり、けっこう引き締めが強いなと思いました。

着圧ソックスによっていつもより脚を締めつけている状態なので、夜に履くと血管が圧迫されて、脚がうっ血したり、血流が悪くなったりします。

ビキャクイーンの着圧力は足首が30hpa、ふくらはぎが25hpa、履き口が20hpaです。

国民生活センターの注意喚起によると40hpa以上の圧力が脚にかかるとうっ血や血流障害起こすということなので、ビキャクイーンの着圧力なら夜履いても影響がないかもしれません。

しかし、ビキャクイーンを履くと引き締めがあり、ふくらはぎの上部はやはりキツイと感じます。

寝ている時に衣服のゴムの締めつけ感や生地が肌に張りつく感じ、触り心地が悪いと熟睡を妨げてしまいます。

そうなると寝ても疲れがとれないし、途中で起きてしまって脱いでしまうことになります。

ビキャクイーンを夜寝る時に履くのはあまり向いてないといえるでしょう。

 

夜用の着圧ソックスにはどんな効果があるの?

夜に着圧ソックスを履きたい時は夜用に設計された専用の着圧ソックスがオススメです。

夜用の着圧ソックスは寝る時に履くことを想定した作りになっていますので、8時間くらい履いても大丈夫なように着圧が弱くなっています。

ビキャクイーンのように早めのむくみとり効果より、脚全体に着圧することで血流やリンパの流れを促しています。

そのため、脚の老廃物や余分な水分を排出したり、疲れやだるさをとるのにいいんです。

また、弱ってしまったふくらはぎの筋肉のポンプ作用を助けてくれる役割もあります。

着圧ソックスを履くことである程度、脚の保温もできるため、冷え対策にもなるのです。

日中に着圧ソックスを履くことでむくみを防止することができますが、夜寝る時に着圧ソックスを履くと脚のむくみ・疲れ・だるさを解消することができます。

ただ睡眠中はカラダへの締めつけは眠りを妨げてしまうので、夜用の着圧ソックスを履くようにしましょう。

夜用の着圧ソックスなら8時間くらいを想定して作られているので、汗をかいてもいいように通気性もよく、着圧が弱い設計になっています。

 

そもそも着圧ソックスは脚やせするの?

今や着圧ソックスはビキャクイーンのような高級なものから、ダイソーのスラリキュットのような安いものまで、一般用としてたくさんの種類が売られています。

着圧ソックスはもともと、医療用として下肢静脈瘤の方のために開発された弾性ストッキングが始まりです。

最近では着圧ソックスとしてエコノミー症候群の予防や脚やせ、被災地で自由に脚が動かせない状態になってしまう時などに使われています。

そんな着圧ソックスですが、脚やせしたいと思っている人が気になるのはやはりセルライト。
脚をぞうきんのようにしぼるとデコボコしているあのお肉です。

立ち仕事やデスクワーク、脚を動かさないことが多いとむくみやすく、疲れやすい脚になります。

むくみが起こるのは、脚の血流が滞り、心臓へ戻さないといけない血液が脚にたまってしまうことから起こります。

女性は脚の筋肉が弱めなので、ふくらはぎの筋肉が血液を心臓に押し戻せないためにむくみを起こしやすいのです。

脚に滞った血液には老廃物やカラダに余分な水分があり、血液やリンパの流れによって排出されるしくみになっています。

このカラダに不要となったものが排出されないで、脚にたまると脂肪と結びついてセルライトになってしまうのです。

脚に滞った血液を心臓に戻すのをサポートするのが、着圧ソックスです。

着圧によって筋肉をサポートし、血流やリンパの流れをよくしてくれます。

血流やリンパの流れにのって老廃物や水分を排出してくれるので、脚にたまらず、セルライトができるのも予防してくれます。

脚の筋肉を鍛えるのも手ですが、かなり時間がかかるので着圧ソックスがオススメなのです(^○^)

 

ビキャクイーンは昼間に履いて♡

ビキャクイーンは着圧ソックスの中で、着圧力が高い部類に入ります。

寝る時に履いてしまうと、脚がキツくてよく眠れなかったり、途中で起きて脱いでしまうでしょう。

夜用の着圧ソックスを履くなら、15~20hpaくらいの着圧力がオススメです。

着圧ソックスを履くのはいつでもできますが、ず~っと履きっぱなしは逆に血流を悪くしてしまいます。

昼間にビキャクイーンを履いて、寝るときに夜用の着圧ソックスを履くと脚が疲れてしまいます。

またふくらはぎの筋肉の機能を低下させてしまうので、昼間履いたら夜は脚を休めるようにしましょう。

-ビキャクイーン
-

Copyright© ビキャクイーンの気になる口コミ!ホントに効果があるのか検証 , 2017 All Rights Reserved.